歯周病治療

歯周病では、図の左端の段階あたりからの定期的なお手入れがとても有効です。

膿漏プロセス

次の段階へと悪化していくと、歯石が歯茎の下の目でみえない部分にもついたり、歯を支える骨が溶けてきたりします。

つまり、お手入れだけでは対応できない状態にだんだん進んでいくことも多くあります。

その場合は、抜歯を避け、可能なかぎり歯を保存するるために、歯周への外科的な手法も検討します。

例えば、骨を再生したいところに、骨ができるのを助ける材料をもり、その上をメンブレンという膜で覆います。
通常数か月で、メンブレンの内側に骨が再生されます。

しかし、悪化の程度によっては外科的な処置もできなくなってしまいます。

虫歯でピンチ定期的にお手入れに来て頂くことが一番良いのですが、他にも、加齢や食事や喫煙やストレスなど、多くの要因があります。

定期検診のさいに症状をチェックし、生活をみなおしたり、どの治療方法をとるか選ぶことができるように、早めに受診頂くことがお奨めです。