糖尿病歯科検診

糖尿病歯科検診

糖尿病と歯周病が関係していることを皆さんご存知でしたか?糖尿病の合併症のひとつに歯周病があります。歯周病とは昔は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と言われたもので、歯と歯ぐきの病気です。歯と歯ぐきの間の溝に歯周病の原因となる細菌が感染することによりおきる慢性の感染症です。

糖尿病患者の多くの方が歯周病になっていることが最近の研究でわかりました。特に血糖のコントロールが悪い場合、重度の歯周病を併発することが多くなっています。

【歯周病の初期の症状】

「歯ぐきから血がでる」
「歯ぐきが腫れて膿が出る」
「歯がぐらぐら動く」

※重度になると顎の骨が溶けてしまい歯が抜けてしまいます。

【歯周病の予防】

定期的な口の中の検査と、口の中をキレイに保つことが重要です。また糖尿病患者を対象とした研究の中には、歯周病の治療によってHbA1cの数値が改善した例も見受けられます。
皆さん、一度歯周病の検査を受けられてみてはいかがでしょうか。