マタニティ歯科検診(妊婦歯科検診)

妊娠すると母体には色々な変化が起こります。

体調が変わるばかりでなく、女性ホルモンの変化や、食生活・生活リズムの変化はお口の中の状態も変えることがあります。

妊娠中は、虫歯や歯周病(歯ぐきが腫れたり、歯が浮いたような感じになったり)になりやすくなります。

もし痛くなっても、妊娠中から授乳期にかけては、強いお薬が使えない時期や歯が抜くことができない時期もありますし、そういう妊婦さんを診察したこともあります。
それに、歯周病によって早産になりやすくなるとの報告もあります。

母子健康手帳にも書かれているように、歯と歯ぐきの健康はとても大切です。
産婦人科などで定期的な妊婦健診を受けるのと同じように、妊婦さんにとって、そして赤ちゃんにとっても、お口の中の検診や、いつも以上のお手入れが必要です。

当院では、妊婦さんの虫歯治療、歯周病治療やそれを予防するためのお口のクリーニングや歯磨き指導などを行っております。

そういえば、最近歯医者に行ってないなぁと思ってらっしゃる方、赤ちゃんが欲しいなぁと思ってらっしゃる方、一度検診を受けてみてはいかがでしょうか。

どうして、妊婦さんは虫歯になりやすくなるの?

つわりや胃が持ち上がることで、一度に食べる食事の量が少なくなり、何回かに分けて食事をすることが多くなります。そうすると、口の中が酸性になりやすくなり、歯の表面を溶かして虫歯になりやすくなります。

どうして、妊婦さんは歯茎がはれやすくなるの?

妊娠中はホルモンの変化のために、妊娠性歯肉炎という状態になりやすくなります。

この状態になると、歯磨きをしたら歯ぐきから血がでやすくなったり、歯が浮いた感じになったりします。
血がでるからと言って歯磨きをしないと、さらに歯ぐきが腫れることもあります。

ページTOP>>