小児歯科

小児歯科について

お口の健康を守るのは、子供のときからです。
残念ながら、乳歯は生えかわるから・・・と思っている方も多いようです。
しかし、乳歯の虫歯などが、永久歯に悪影響を与えることがあるので、子供のときからのケアはとても大切です。
歯医者さんが苦手なお子さんには、初めから治療を行うのではなく、まず慣れることから始めていきます。できるだけ虫歯のない大人になることを目指します。
当院では、次のようなことをおこなっております。

●乳歯、生えて間もない永久歯のむし歯治療と予防

予防について>>

むし歯治療に加えて、フッ素塗布や歯磨き指導なども行います。(歯科医院で使う高濃度のフッ素によるフッ素塗布、ご家庭で使って頂くフッ素入りの歯磨きなどもあります。)

●子どもにつきもののアクシデントへの対応

歯をぶつけてグラグラしている、歯が折れた、お口の中が切れている、などのケガ。必要に応じて、歯を一時的に固定したり、傷口を縫ったりします。

●歯並び等のご相談

学童期の歯の生え変わり、歯並びとかみ合わせの心配事やご相談に対しては、定期的な経過観察の中で適時に処置いたします。

●学童〜青少年期の歯周病予防

予防について>>

学童期の歯の生え変わり、歯並びとかみ合わせの心配事やご相談に対しては、定期的な経過観察の中で適時に処置いたします。

●ご相談も随時受け付けております

歯が生えるのが遅い、歯並びが気になる、などの御相談も随時受け付けております。

●食育について

顎の発達やお口の健康は、食事と大変重要なつながりがあります。お子様の治療を通して、そのようなお話もさせていただきます。

ページTOP>>

むし歯予防/歯周病予防

特にむし歯予防は、歯みがきのみでは難しいと思われます。食生活を考えること、フッ素やシーラントなどさまざまな方法があります。

※むし歯および歯周病の予防には、3〜4か月おきの定期健診が理想的です。

シーラントとは

おもに臼歯の溝の部分を、専用の素材を使って塞ぎます。日本語では予防填塞(よぼうてんそく)といいます。歯の溝は汚れがたまりやすく、虫歯が起こりやすい場所とされています。
溝をふさぐことによるばかりでなく、その材質の中には、フッ素が含まれているので、さらに予防効果を高めます。